債務超過を貸借対照表でチェックすることが重要

会社の債務超過

債務超過状態にあるか把握するには貸借対照表をチェックすることが重要です。

債務超過は会社の倒産を招く非常に深刻な問題ですから、日頃からチェックすることが大事です

貸借対照表のどこを見ると、分かるのかなど取り上げています。

債務超過かどうかは貸借対照表で確認できる

またの名をバランスシート(B/S)という貸借対照表は、一定時点における企業の財政状態を表す財務諸表のひとつです。

企業の全財産である資産の部の金額を表左側に記載します。

そして、企業が返済する必要のあるお金の負債と、返済の必要のない株主が企業に投下した資金や蓄積した利益である純資産を表右側に記します。

資産イコール負債プラス純資産であり、資産の合計額と負債・純資産の合計額は一致しているのが正しい形です。

資産には流動資産と固定資産が、負債にも流動負債と固定負債があり、純資産には株主資本とそれ以外があります。

流動資産は現金や預金のほか、売掛金や棚卸資産、有価証券や受取手形などです。

一方、固定資産には建物や土地、機械のほか、長期間持ち続ける投資有価証券もそのひとつです。

流動負債については短期借入金や未払金、買掛金や支払手形などがあたります。

これに対し固定負債に当てはまるのは、長期での借入金や社債などです。

そして純資産ですが、株主資本としては資本金や資本剰余金、利益剰余金などとなります。

一方、株主資本以外の純資産に該当するのは、新株予約権や少数株主持分、その他有価証券評価差額金などです。

貸借対照表のどこを見れば債務超過とわかるのか

貸借対照表について基本的なことを解説しましたが、続いてこの表のどこをチェックすれば債務超過状態かどうか知られるのか見ていきましょう。

見るのは純資産の部で、純資産の合計額が記入されているところを見ましょう。

マイナスの金額が記されていれば、債務超過状態に転落していることを意味しています。

黒い三角マークが金額の横に書かれている場合はマイナスを示しているので、純資産が0円を下回っているかわかるでしょう。

この状態では、企業は全財産を売却しても、負債をすべて解消することができません。

そうなると、銀行や貸金業者など資金の調達先や、収益を上げるための取引先の信用を獲得することが困難になるのです。

結果、資金繰りが行き詰まってしまい、事業継続が不可能な状態になり、企業が潰れてしまうことにもなりかねません。

打開策として資本金の増額や純利益の増額、負債の減額を目指す必要がある状態に陥っているのです。

貸借対照表をチェックするポイントは?

純資産がマイナスに転落している債務超過以外に、企業が大丈夫なのかどうか判断する材料はないのでしょうか?
貸借対照表で知る術はないものかと思っている方もいらっしゃるでしょう。

以下の3要素は確認することに意義があります。

  • 自己資本比率
  • 流動比率
  • 当座比率

自己資本比率は企業の資産の中で、返済の必要のない純資産がどれだけ占めているのかを表しています。

また、流動比率は短期的に支払わなければいけない流動負債に対し、短期的に現金化可能な流動資産がどれだけ占めているのかを表すものです。

そして当座比率は会社の流動負債に対し、流動資産の中でも当座資産がどれだけ占めているのかを示します。

自己資本比率・流動比率・当座比率で何を知ることができるのか

まず自己資本比率ですが、純資産の合計額を資産の合計額で割り算し、100を掛けることで算出できます。

計算の結果出た数値が高いほど、他人資本に経営状態が左右されにくく、安定した会社である状態と判断可能です。

単位は%ですが、40以上あれば潰れにくい会社であるという見方をされるのが一般的といえるでしょう。

次に流動比率ですが、流動資産の合計額を流動負債の合計額で割り、100を掛けて求めます。

単位は%で、高いほど短期的に支払う必要のある負債が少ないことを意味しています。

200%が望ましいといわれますが、100%に満たない場合は短期的な支払い能力に乏しいことを示すため注意が必要です。

そして当座比率ですが、これは当座資産のトータルを流動負債のトータルで割り、100を掛ければ算出可能です。

これも単位は%で、100%以上の数値になっているのが良いといわれています。

当座資産に棚卸資産は含まれないため、流動比率が200%以上でも当座比率が100%を下回る場合は気をつけなければいけません。

余計な売れ残りの在庫をたくさん抱えていることなどを意味しているためです。

なお、当座資産は流動資産の中でも現金化が容易な現金預金や売掛金、受取手形や短期で持っている有価証券などをトータルした資産をさします。

債務超過と貸借対照表まとめ

貸借対照表の純資産の部を見てマイナスになっている場合、要因を排除しないままでは倒産するリスクが高いです。

また、自己資本比率をはじめとする指標も、会社が安全なのかどうか知る上でチェックしたいポイントといえます。

支払能力がなければ資金計画を立て直し、在庫が余り過ぎているようであれば在庫管理の見直しをするなどしたほうが良いでしょう。