債務超過の遺産を相続放棄するときに注意すること!

個人の債務超過

債務超過の遺産があると知ったとき、相続放棄すれば借金を引き継がずに済みますが、注意しなければいけないことが複数あります。

知らずにいると、相続放棄自体ができなくなってしまう恐れもあります。

話し合いで決まっただけでは、法的効力は発揮されない点にも気をつけなければいけません。

遺品整理をしてしまうと相続放棄できないことがある

債務超過の遺産について相続放棄したい場合に、注意しなければいけないのが遺品整理です。

亡くなった方の残した現金や有価証券、土地など資産価値があるもの以外を整理することが遺品整理です。

処分には亡くなった方の持ち物を片付けるほか、売却や破壊も含まれます。いつまでもそのままにはしておけないので、片付けますよね。

ですが、相続財産の全てまたは一部を処分してしまうと、相続放棄が認められないと法律で定められているのです。

なぜかと言うと、亡くなった方の持ち物を処分すると、相続の意思があるとみなされてしまうからです。

常識の範囲での形見分けは問題ないというルールも設けられていますが、常識の範囲の判断は素人では困難です。

たとえば、亡くなった方の持っていた書籍を形見分けしたとしましょう。

その書籍が市場で高額で取引されていれば、資産価値があると判断されることになります。

亡くなった方が負債を残していた場合、債権者はどうにかして回収しようとするものです。

そして裁判所に訴えて、残された家族が遺品整理を行っていると、相続の意思があると裁判所に認められ、相続放棄が無理になることがあります。

相続放棄は申立期限内に行うことが原則

相続があることを知ってから3ヶ月の申立期限内に相続放棄をするのが基本です。

債務超過の遺産を相続したくない場合には、被相続人の住所地にある家庭裁判所に対し、必要書類を提出します。

相続放棄申述書のほか、戸籍謄本や住民票などと合わせて提出し、手続きをスタートします。

相続放棄申述書の内容には、主に以下の項目が含まれます。

  • 相続開始を把握した日
  • なぜ相続放棄をするのか
  • 相続の対象となる遺産の概略
  • 負の遺産の金額

希望が受理されれば、相続放棄申述受理通知書が届きます。

その書類が届いけば、相続放棄が認められたことになります。

なお、相続問題は多くの人が関わることも珍しくなく、手続きなどは複雑となり争いになるケースも多いです。

少しでも不明なことや不安があるなら、相続問題が得意な法律家に相談するのが賢明です。

全ての相続人が相続放棄した方がよい

実際に相続放棄を決断することになった場合には、自分だけでなく相続人になり得る全員が放棄したほうが良いです。

たとえば、自分の兄弟や姉妹などが遺産を受け継ぐ対象となりますが、マイナス財産でも相続の意思がある人以外は相続放棄した方が良いです。

そうしないと、放棄しなかった人に債務超過の遺産がまとめて受け継がれることになってしまいます。

ただ、先述した3ヶ月を過ぎてしまっているために、放棄できないのではないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

相続放棄の期限が過ぎている場合の対処法

裁判所に対し、上申書を添えてその書類に細かな経緯を書いたり、書面などの証拠を見せたりすれば相続放棄が認められる場合があります。

また裁判所に対し相当な理由を添えて申立をすると、期間を延ばしてくれることもあります。

なお、自分では3ヶ月を過ぎていると思っても、実際にはまだ経過していないこともあります。

この3ヶ月のことを熟慮期間と言いますが、法律では自分に相続開始があったことを把握したときから3ヶ月以内なので、カウント開始を勘違いしていることがあるのです。

被相続人が死亡したときからではないため、亡くなったのを知ったのがつい最近であれば、熟慮期間のカウントは始まっていません。

相続放棄は撤回できない

一度でも債務超過の遺産の相続放棄をしてしまうと、熟慮期間が終了する前の時点であっても撤回できません。

マイナス財産があると知って受け継ぐのを拒んだものの、あとで気が変わったという理由で放棄を取り消すことは不可能なため注意が必要です。

しかし、どのような場合であっても撤回は無理かというと、そういうわけでもありません。

放棄した理由によっては、取り消しができる可能性があるのです。

たとえば、詐欺や脅迫の被害によって強引に放棄させられた場合には、取り消しが認められています。

また、法定代理人の同意を得ることなく、成人していない人が勝手に放棄した場合も、撤回が認められると法律で定められているのです。

そのほか、成年被後見人が単独で放棄したケースでも、相続放棄の撤回が認められています。

あとで莫大なプラスの遺産があることがわかったという理由では、残念ながら撤回は認められていません。

なお、相続放棄によってマイナスの財産は受け継がずに済みますが、プラスの財産を受け継げなくなる点には注意が必要といえるでしょう。

債務超過の相続放棄まとめ

下手に遺品を処分すると相続放棄ができなくなる場合があること、放棄には期限があり、撤回できないことなど、気をつける点は多いです。

また相続放棄は相続人になる可能性がある全員がするべきで、期限が過ぎてしまっている場合の対応なども覚えておくことが大切です。

債務超過の遺産を受け継ぎたくない場合には、うっかり相続人になってしまうことがないようにしましょう。

確実に失敗したくない方は、被相続人が亡くなったことを知った時点で法律事務所に相談・依頼をするのが賢明な判断といえます。