債務超過でも融資を受けて事業継続できることもある?

会社の債務超過

会社が債務超過の状態にある中でも、融資を受けて事業継続は可能なのでしょうか。

この点が気になっている経営者の方は多いですよね。

確実にできるとは限りませんが、銀行とのこれまでの付き合い方や、融資先によって可能な場合もあります。

事業継続できる理由も含め、以下に答えとなるような情報をまとめていますので、チェックしてみてください。

債務超過でも銀行が融資をする理由

決算書の貸借対照表にある純資産の総額がマイナスの状態にあると、銀行は会社に対して貸し渋るようになります。

資産よりも借金の方が多い債務超過状態になると、融資しても回収できないのではないかと慎重になるのです。

しかし、100%融資を受けることは不可能と決めつけられるわけではありません。

事実、債務超過状態にある会社に対しても、銀行が資金を貸付しているケースは多いです。

どういう場合に会社が融資を受けることができているかは、主に以下のパターンとなります。

  • 長年にわたってメインバンクとしての付き合いがある
  • 債権回収を裏打ちする不動産などの担保がある
  • 債務超過転落後の期間が短く一過性のものと判断された
  • 債務超過状態にあっても直近で利益が十分あがっていて返済能力ありと見られた
  • 提出された経営改善計画書の内容に納得し債務超過を解消できると認められた

該当すれば間違いなく融資を受けられるわけではありませんが、期待はできるでしょう。

銀行との付き合いはかなり重要です。無借金よりも融資を受けて返済しているという実績がある方が融資を受けやすいです。

融資をストップすることで融資先が倒産すると、これまでに融資している資金が回収不能になるので、再建の目途があるなら融資してくれます。

不動産などを担保に入れることが条件になることが多いですが、担保があっても返済財源になるものがないと融資は受けにくいので、返済能力ありと判断されることも必須です。

融資を受ければ事業継承できるなら、債務超過状態にあるだけで、絶対に銀行からお金を借りることは不可能だろうと諦めてしまうのはもったいないです。

中小企業が融資を受けやすい銀行

説明するまでもありませんが、ひとくちに銀行といってもメガバンクや都市銀行、地方銀行やネット銀行といった具合にいろいろあります。

たとえば地方銀行だけでも、全国的に見ればかなりの数があることはご存知でしょう。

一般的に、都市銀行と比較して地方銀行や信用金庫などのほうが、中小企業は借入しやすいです。

そして、企業が銀行からお金を借りる場合には、主にプロパー融資と保証付き融資の選択肢があります。

プロパー融資は審査を行うのが銀行だけ、保証付き融資の審査は信用保証協会と銀行によって行われる仕組みです。

中小企業が融資を受けることを希望するのであれば、保証付き融資を候補にすると良いでしょう。

銀行の保証付き融資のメリットとデメリットは

保証付き融資はプロパー融資と比べ、審査を通過できる確率が高いのがメリットのひとつで、債務超過状態にあっても融資を受けられる見込みがあります。

銀行が保証付き融資を提案するときの信用保証協会は公的機関です。法人の場合、代表者以外の連帯保証人は不要なので、身内などに保証人を依頼せずに済むのもメリットです。

保証付き融資は借りた会社が返済不能状態になると、保証会社の債務の立て替えが発動するため、銀行は貸し倒れリスクが下がり、貸付しやすくなります。

保証付き融資を利用して返済している実績をつくっておくことで、2回目以降の借入の際に信用を得やすく、保証付き融資だけでなくプロパー融資の審査を通過できる確率もアップします。

一方デメリットですが、保証会社と銀行の両方で審査が行われるぶん、プロパー融資と比較して審査結果が出るまで長く待たされます。

また、保証会社を利用するので保証料が発生します。

保証制度や融資を受ける会社の財務状況によって金額は変化しますが、担保をつけるなどのケースでは割引が適用されることもあります。

銀行に断られても融資してもらえる商工ローン

実際に債務超過状態にある中で、銀行に融資の申し込みをした結果、審査落ちになったとしても、諦めるのはまだ早いです。

貸金業者が提供している商工ローンを利用する選択肢が残されているためです。

銀行の融資と比較して、異なる特徴があります。

まず商工ローンのメリットですが、銀行と比較して審査を通過し、借入できる確率は高いです。

銀行に融資を拒否されてしまっても諦めないほうがいい最大の理由は、この点にあります。

税金を滞納している状態でも、申し込みを受け付け、融資を行っている商工ローン業者も珍しくありません。

また審査が完了するまでの時間も非常に短いのも、メリットのひとつです。

はやい商工ローン業者では、即日融資に対応しているところもあります。

どうしても今日中に資金調達をしなければいけない状況に追い込まれたときの、心強い味方になってくれるでしょう。

しかし、デメリットとしては銀行融資と比較して高金利のものが多い点や、融資限度額が安い点をあげることができます。

そのほか、銀行のプロパー融資利用中で、商工ローンの利用が発覚すると、貸しはがしにあってしまうリスクがある点には気をつけなければいけません。

また、商工ローンを利用中で銀行の保証付き融資を受ける場合、審査では不利な方向で響いてしまうことが多い点にも注意が必要といえるでしょう。

債務超過と融資まとめ

銀行にしてもノンバンクの商工ローンにしても、融資を受けたあとは返済義務を負うことになります。

元金や利息の支払いは収益を圧迫し、返済不能による倒産のリスクが生じることは肝に銘じなければいけません。

一時的に債務超過を解消するために利用するのではなく、経営再建の見込みは十分と判断できたときだけの利用にとどめるのが賢明な判断といえます。