個人でもバランスシートの作成がおすすめな理由

個人の債務超過

法人ではなく個人であっても、個人バランスシートの作成がおすすめな理由があります。

今回は、個人バランスシートが一体どういうもので、作成するメリットには何があるのかをご紹介します。

また、作成した結果が悪かった場合の対策についてもご提案します。

個人バランスシートとはどんなもの?

一定時点における会社の財務状態を示す財務諸表のひとつがバランスシートで、貸借対照表ともいいます。

これを個人向け、家庭向けに作成したものが、個人バランスシートです。

会社のバランスシートと同じく、表の左側は資産の部、表の右側には負債の部、負債の下には純資産の部を設けます。

そして資産は流動資産と固定資産、負債は流動負債と固定負債にわけます。

大体1年以内に現金化可能な資産を流動資産、それより長くかかるものは固定資産です。

一方、流動負債は大体1年以内に完済可能な負債、さらに長期間を要するものは固定負債とします。

手書きでも良いですが、エクセルなどの表計算ソフトを利用すると管理しやすく便利です。

資産の合計と負債の合計の差額が純資産となります。

この純資産がマイナスになると、債務超過になっているということです。

具体的に何が流動資産や負債、固定資産や負債に該当するかについては、人によって異なりますが、以下のようなものがあります。

  • 流動資産
  • 預貯金・株式、投資信託など投資商品、その他プリペイド・ポイントなど

  • 固定資産
  • 土地や建物・自動車・保険積立金(解約返戻金)・高級品など

  • 流動負債
  • カードローンやキャッシングなどの短期借入金・クレジットカードの未払金など

  • 固定負債
  • 住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど長期借入金や奨学金などの未返済金

純資産は資産を全部現金化して、そのすべてを負債の返済に充てた場合に残る資金のことです。

土地建物や車の時価が明確に把握するには査定が必要になるので、固定資産税の通知書などで、分かる範囲で作成すると良いでしょう。

個人バランスシートを作るとどんなメリットがある?

債務超過の状態に陥っていないか把握できる点が、個人バランスシートを作成するメリットです。

純資産がマイナスの状態にあることを債務超過といいます。

この状態に転落していると、全資産を現金化して負債の支払いに充てても、全額払いきることができません。

借金だけが残ってしまうことになるわけです。

ただ、住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、ある程度返済するまでは、債務超過になることが殆どなので、遅延なく返済できていれば問題ないです。

債務超過になっていないか事前に把握することで、家計の見直しを図る良いきっかけになります。

家計簿をつける習慣がある方は収入と支出は把握しているでしょうが、資産や負債までは把握できていないのではないでしょうか。

家計の実態を知ることができるのが、個人バランスシートの良さなのです。

債務超過を放置しているとどうなる?

仕事をはじめ収入源があれば、住宅ローンの返済を続けていくなどしているうちに、純資産のマイナスは徐々に解消されていきます。

しかし、債務超過の状態にある中で収入源を失うと、すぐに次の仕事を決めるなどして収入源を確保しないとまずいことになるのです。

たとえば、ローンなどの返済ができなくなり、督促がきたり一括返済を迫られたりするリスクがあります。

借金で首がまわらなくなれば、自己破産など債務整理を選択するしかなくなることにもなりかねません。

自己破産になれば、生活に必要な現金など最低限の財産は残るものの、不動産や車などの財産は全部換金して返済に充てる必要があります。

また、信用情報期間には事故情報として何年も債務整理をした記録が残り、新規のローン契約などの審査に通るのが困難になってしまうのです。

債務超過になっているときは万が一のときの対策を早めに!

個人バランスシートを作ってみた結果、債務超過の状態を招いているとわかった場合、債務整理をするような事態は避けたいところです。

どうやって解消していくかが問題ですが、正解はいたってシンプルで収入を増やして支出を減らすことです。

ダブルワークをする、主婦や主夫の方は働きに出るなど、収入アップの方法を模索しましょう。

現金や預貯金が増加すると、不慮の事故でケガをする、病気になる、退職するなどして収入源がなくなっても安心感があります。

次の収入源を確保するまでの間、ローンの返済などに手持ちの現金や預貯金を充てることができるためです。

また、節約をするより低金利なローンに変更する、保険料の負担が軽い保険に見直すことなども効果的といえるでしょう。

下落のリスクがあるため絶対におすすめとはいえませんが、高騰を期待して預貯金を投資商品に回すことで、資産を増やす選択肢もあります。

定期的に個人バランスシートの作成を!

実践してみるとわかりますが、資産と負債、純資産の額はどんどん変わっていきます。

毎月、3ヶ月に1回など、自分でペースを決めて、定期的に個人バランスシートを作成しましょう。

債務超過回避、解消のための対策をとって資産が増え、負債が減っているのを数字で把握することは、モチベーションの維持やアップに繋がります。

なお作成する際に注意したい点として、建物や自動車は普通、時間の経過と共に価値が下がっていくものです。

また、投資商品も絶えず価値が変動するものですので、なるべく現在の価値で資産の部門を作るようにしましょう。

保険商品についても、いま解約すればどれだけ返戻金を得ることができるのかで金額を記すと、正確な資産の部の総額に近づけることができます。

個人バランス シートまとめ

急に収入源がなくなると、個人バランスシート上の純資産は縮小し、マイナスに転じて膨れ上がってしまう原因になります。

債務超過に転落している状態では、返済能力なしと判断されて銀行や貸金業者などは追加融資をしてくれない可能性が高いです。

大変かもしれませんが、把握するためにも自分のペースで構いません。

個人でもバランスシートを作成してみましょう。

負債の返済に困ったらとりあえず借入でやり過ごそうとするのではなく、収入源を確保して無駄な支出を省くことが重要といえます。