mito

会社の債務超過

役員借入金は相続が発生したときに大きな負担になる?!

多額の役員借入金がある状態は、相続発生時の負担が大きくなってしまいます。すでに役員借入金がたくさんある会社の状態や、そもそも役員借入金があるのか、また、なぜ相続発生で負担が増すのか、対策はないのかなどについて分かりやすくまとめています。
会社の債務超過

役員貸付金を解消しないとどんなデメリットがある?

赤字や債務超過など会社の経営状態が悪化すると役員報酬の引き下げも必要になります。その結果、役員の生活がピンチになると役員貸付金で対処するケースもあります。しかし、役員貸付金を解消しないとデメリットもあります。それはどんなことか紹介します。
会社の債務超過

役員借入金の債務免除で債務超過を解消するメリットと注意点

役員借入金を解消する手段として債務免除がありますが、この方法で債務超過を解消することにはメリットだけでなく注意点もあります。それは納税額が増えてしまうことですが、その理由を知っておくことで回避することも可能です。その方法を詳しく紹介しています。
会社の債務超過

債務超過を貸借対照表でチェックすることが重要

債務超過状態にあるか把握するには貸借対照表をチェックすることが重要です。債務超過は会社の倒産を招く非常に深刻な問題ですから、日頃からチェックすることが大事です。そこで貸借対照表のどこを見ると債務超過と分かるのかなど取り上げています。
会社の債務超過

債務超過と赤字どちらが倒産リスクが高い?

債務超過と赤字で、倒産リスクが高いのはどちらかといえば債務超過です。債務超過でも赤字になったからといっても、すぐ倒産はしないものの、その状態が続くと倒産を招くことになります。そうならないためにも債務超過と赤字の関係性も知っておくべきでしょう。
会社の債務超過

債務超過になっても倒産しない会社と倒産する会社の違いとは?

債務超過状態に転落しても倒産する会社としない会社があります。それは一体なぜなのか、疑問に思うことがありますよね。倒産しない会社とする会社で何が違うのか、その理由をまとめてみました。自社は大丈夫なのか、どんな対策があるのかなど、ご参考ください。
会社の債務超過

債務超過で資金繰りが悪化したときの対策と見切りの決断

債務超過で資金繰りが困難になってきたときの対策を知っているかいないかで適切な対応で苦境を乗り切ることができます。その対策も不可能な場合は見切りの決断も必要になります。そんな経営者として把握しておくべきことを分かりやすくまとめています。
会社の債務超過

債務超過でも融資を受けて事業継続できることもある?

会社が債務超過の状態でも融資を受けて事業継続は可能なのか気になっている経営者の方は多いですよね。実は、銀行との付き合い方や融資先によって可能な場合もあります。事業継続できる理由も含め、融資可能になる情報をまとめていますので、ご参考ください。
会社の債務超過

債務超過を解消して会社の倒産を回避する方法とは!

債務超過に陥っている状態を解消しなければ会社の倒産を回避するのは困難です。債務超過で会社が潰れてしまう理由、一過性の解消では意味がない理由や事例、どんな解消方法があるのかになどを取り上げて詳しく紹介しています。参考情報としてお役立て下さい。