債務超過の問題点

誰もが知っているような大手企業が、業績悪化で債務超過に陥ったというニュースをよく耳にしますよね。

債務超過って何のことか知らなくても、あまり良いことではないと察しがつきます。

債務超過とは、借金などの負債が資産より多くなってしまい、全ての資産を処分しても負債の返済ができなくなった状態です。

かなり危機的状態なのですが、あまり深刻に捉えていないこともあるのではないでしょうか。

会社にとって「債務超過」は、どんな意味を持っているのか、また、個人でも債務超過になると何か問題があるのかなど、債務超過に関連した問題点を取り上げていきます。

債務超過になっても会社は潰れない?

債務超過になったからと言って、すぐに倒産する会社はないでしょう。実際、債務超過が解消できないにもかかわらず、何年も事業継続している会社はあります。

なぜかというと、なんとか資金繰りができているからですよね。

資金繰りできれば倒産しないけれど要注意!

銀行などの金融機関は、債務超過かどうかということを重視します。ですが、手のひらを返したように、債務超過になったら全く融資をしてくれないわけでもないです。

融資交渉が難しくなるのは当然ですが、長年取引してきた銀行だと、追加融資をしてもらえることもあります。

融資先を潰して債権回収できなくなるより、融資すれば事業継続することで貸付金の回収見込みがあると、銀行が判断するかどうかですね。

ただ、担保や連帯保証人を要求されたり、保証協会を付けることが条件だったりします。

債務超過になっている企業は健全ではないので、銀行が万が一の対策をするのは当然でしょう。

なんとか資金繰りすることができて、事業が好転すれば良いですが、再建計画もなく繋いでいると益々悪化することもあります。

そうなると、融資ストップを言い渡されることになりかねません。

借金を利益で返済できるようにならないと、いずれ会社は倒産に追い込まれることになるでしょう。

中小零細企業は債務超過のところが多い?

中小零細企業の場合、法人化していても実態は家族経営で、社長個人のお金を会社に注ぎ込んでいることも多いですよね。

銀行融資が困難になって資金繰りに行き詰まったとき、社長個人のお金を会社に貸し付けてでも会社を潰したくないと思うものです。

社長からの借入金も負債なので、決算してみると債務超過になっていることもあります。

自分のお金を自分の会社に使っているだけだし、返さなくて良い借金だから、そのせいで債務超過になっている分には問題ないと思うかも知れません。

でも、結局のところ、会社が利益を出せる体質にならなければ、いずれ倒産します。その時には、社長個人も無一文になっているかも知れません。

個人は債務超過になっても大丈夫なの?

個人の場合でも債務超過になることはあります。

財産もなく貯金もゼロだけど、数百万円の借金があるって人もいますよね。明らかに債務超過の状態です。

でも、毎月の収入で約束通りに借金の返済ができていれば、問題ないですよね。

また、住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、債務超過状態になることが多いですが、遅延なく支払えていれば問題ありません。

個人の場合、債務超過かどうかよりも、支払えるかどうかです。

債務超過になっているかどうかで問題が発生するのは、離婚や相続が発生した場合でしょう。

そもそも家計が債務超過かどうか計算してる?

個人の場合、家計簿を付けている人はいますが、債務超過の計算をしている人は少ないのではないでしょうか。

せめて年に1回程度は、債務超過の計算をしておく方が良いと言われることもありますが、正確に計算するとなると面倒ですよね。

借金は明細書で分かりますが、不動産などの時価評価が不明なので、正確に計算するのは難しいですからね。

ですが、離婚や相続など万が一のときのために「財産-借金」が、プラスかマイナスなのか、概算だけでも知っておきたいところではあります。

債務超過まとめ

債務超過とはどういうことか、わかりやすく言うと、負債が資産より多い状態のことです。

会社が債務超過になっても、あまり深刻に捉えていないこともありますが、債務超過の解消ができなければ、倒産に追い込まれることが多いです。

ですが、債務超過になってもすぐに倒産するとも限りません。資金繰りさえできれば、事業継続することができます。

借金は利益で返済していくものなので、事業の再建ができなければ、無理な資金繰りが仇になることもあります。

健全な経営をしていくために、債務超過になっていないかどうかのチェックを定期的にしておくことが大事ですね。